サンハウス岩手

まるっとくんだよりvol.54 巻頭コラム

社長のコラム
まるっとくんだよりvol.54 巻頭コラム

まるっとくんだよりvol.54 巻頭コラム

思い切って決断した住宅事業。しかもリフォーム事業をと思っていたことが、“新築をやらない所には大型リフォームは来ない”この感動ハウス会長の教えに従い、周りの反対を押し切り、平成20年1月8日、感動ハウスVC加盟の契約を結び、営業社員3名、積算1名、アシスタント1名、工務監督1名の研修が始まりました。一方、北上市大通りに2区画の分譲地を購入し、3月から新築モデルハウス展示場の建築にとりかかりました。感動ハウス本部から何度も泊りがけにて、現場での指導を受け、1棟目はセレクトシリーズの一番小さい3LDK、28.28坪、1188万円の展示場を建築し、6月初旬オープンしたのでした。普通、オープンして受注に至るまで、2~3ヶ月はかかるものと思っていたのでしたが、6月下旬の日曜日、私は自宅の庭にて水やりをしていた時、携帯が鳴りました。営業の優美さんからでした。「社長!!今お客様から受注、いただきました~!!」私は驚きました。「ほんとうか??ほんとうか?!」まさか、オープンのその月に受注があるとは思ってもいなかったものですから、涙が溢れて来るのでした。「良かった~良かったなぁ~おめでとう!!」それに続き、S営業社員、K営業社員と、オープン月に3棟の受注があったのでした。

 

Fudousan Plugin Ver.5.3.0