サンハウス岩手

まるっとくんだよりvol.56 巻頭コラム

社長のコラム
まるっとくんだよりvol.56 巻頭コラム

まるっとくんだよりvol.56 巻頭コラム

翌月も、その翌月も彼等は毎月私を喜ばせてくれるのでした。そして、嬉しい悲鳴が始まりました。嬉しい悲鳴には必ず困難が待ち構えているものです。営業マンこそ3人ですが、あとの部署は各1名しか居ません。特に工務は現場監督1名、大工2名なので、新築物件1棟でギブアップでした。急遽店装部より社員移行をし、大工職人を増やし、基礎屋さん、屋根屋さん等外注業者さんも増やし、施工体制に励んだのです。しかし、そこにも問題が待ち構えているのでした。お客様のほとんどが完成引渡し時期を盆前の7月~8月と年末前の11月~12月を希望します。その御希望に合わせて施工部隊を増やしたのですが、必ず集中と空きが極端に出て来ます。特に大工さんに空き(遊び)を出すことは、辞められる原因を作ることになるので、絶対に空きを出してはいけません。年中切らさず職人や業者さんが安心して仕事に専念できる会社を作りたい!!私は建売分譲住宅の建築を考えたのでした。そのためには、土地(分譲用地)を買わなければならない事と、それを取り扱うための不動産業を取得しなければならないので、社員に「宅地建物取引士」の資格を取って頂き(現在は4名います)不動産業(宅地建物取引業)の許可を取得したのでした。そしていよいよ、分譲用地を仕入れようとして、銀行に融資をお願いしに行きましたところ、分譲用地のための融資は出来ない!!と断られたのでした。続く

※追伸 令和4年・本年も社長コラムを宜しくお願いします。

代表取締役社長 菅原 智美

Fudousan Plugin Ver.5.3.0