サンハウス岩手

不動産の売買契約に発生する手付金について知りたい

不動産の売買契約に発生する手付金について知りたい

不動産の売買契約に発生する手付金について知りたい

不動産の売買契約で発生する手付金ですが、この手付金についてよく理解できていない方も少なくないと思います。そこで、不動産売買における手付金について説明していきますので、是非、不動産売買の参考にしてください。

不動産売買の手付金について

手付金とは、不動産売買における契約を交わす際に買主側に必要なお金で、買主が売主に対して支払います。「前金ということ?」と疑問に感じた方もいると思います。厳密にいうと前金ではありません。手付金は契約において売主が買主に解約権を認めるためのものです。ただし、解約がなく手続きが進んだ場合には返却されないといった場合が一般的です。要するに前金の役割も担っているということになります。

手付金は3つの種類がある

不動産売買における手付金は、大きく分けて次の3つです。

解約手付金

売買契約をする際に、買主から売主に支払うものが解約手付金です。一定期間中は理由を問わず、自由に解約することができる権利を得るための費用といえます。解約する際は、買主が支払った手付金を売主に渡します。

違約手付金

契約違反があった際に支払うものが違約手付金です。つまり、賠償金などにあたる費用といえます。

証約手付金

不動産の売買が成立したことの証拠として買主から売主に支払われるものが証約手付金です。

手付金の金額はいくら?

手付金の金額を定める際は、上限が売買価格の20%までと決まっています大体の目安としては、売買価格5~10%と考えておきましょう。手付金の金額は売買契約に記載することで定めることができます。

手付金解除について

契約の履行に着手するまでであれば、手付金を倍返しする、または放棄することで手付金解除をすることができます。民法では「客観的に外部から認識できるような形で、契約の履行行為の一部をなしたこと、あるいは履行の提供をするために欠くことのできない前提行為をおこなったこと」としているため、はっきりとした期限が決まっていません。過去には、前払い金の支払いを完了した際、引っ越し業者と契約をした際などの例があります。つまり、一概にはいえないわけです。しかし、曖昧な期限設定ではトラブルの原因になってしまうこともありますよね。そんなときに大事になるのが売買契約書です。契約書に明確な期限を記載することで、トラブルを回避することができます。

以上、不動産売買における手付金について説明してきました。手付金についてはもちろんのこと不動産に関する疑問点などがございましたら弊社までお問合せください。

関連記事

Fudousan Plugin Ver.5.3.0