2018年11月13日

【情報誌】まるっとくんだよりvol.17

 

[情報誌]まるっとくんだよりvol.17 PDF版はこちらからご覧いただけます。

 

 

私は玄関で下を向いたままいたら「な~んだ、それで顔色が悪いんだな?明朝、社長か経理部長さんに電話をくれるように伝えて下さい。これで解決だね」と、大へん親切にして頂きました。その夜、経理部長に電話を入れたら「明朝、専務がそちらに行きます・・・何とか助かったよ~!!」私は、不思議に思いました。わざわざ専務が・・・お礼に来るのかな?と思ったら、翌日オーナー社長が300万円を紙袋に入れて、持って来たのです。「現場の職人に支払うお金なそうで・・・」私は、それを受け取り、アパートに行きましたら専務が居ました。待っていたのでした。専務は大へん喜んで、そのお金を数えている姿を見て、すごく嬉しくなりました。すると、そこから、10万円を抜いて私に手渡し、業者には手形を渡すように・・・と、手形を置き「あなたのはもう少し貸しておいてくれ、悪いなぁ~」と言って、すぐ帰りました。私は専務が可哀想に思いました。業者には“約束が違う”と怒られたが、何とかお願いして受け取って頂いた。いよいよ完成引渡しの日、当社の社長が来て最終金の集金をする場面に立ち会いました。最終的に社長は500万円の値引きを許してしまうのです。工事の出来栄え等、私のことも褒めて頂き、何の不手際も無いのに、どうして社長は値引きしてしまうのか!!と心の中が煮え繰り返る状態で、社長を乗せて仙台支店に寄りました。支店長と飲みに行くことになり、私も付いて行きました。高級なクラブで、会計をしたら30万円程でした。私はこれにも驚き、とうとうこの社長に不信感を持ってしまった。

続く

代表取締役社長 菅原 智美

 


 

 

『空き家』 知らなかった!では済まされない『空き家』の話 Part1

 

近年、私達の周りでも空き家がちらほらと見受けられるようになってきました。これを受け、国では、平成27年5月から空家対策特別措置法が施行されました。この法律により、放置したままの空き家所有者に対して管理責任が問われる可能性が出てきました。空き家を放置したままだと起こる問題・危険性とそれを回避する対策について、4回に渡ってご紹介します。

 

空き家を放置するとこんな危険が!

 

壊れた窓ガラスが落ちて通行人に怪我をさせたり、不法侵入や不法投棄、不審火がおこる原因になります。また、小動物や害虫の発生、建物の傷みによる倒壊の危険性もあります!

 

空き家が資産を減らす??

 

空き家を放置したままだと・・・。

特定空き家等と認定される可能性があります。

認定されると・・・。

行政から特定空き家等所有者に対し、助言、指導、勧告、命令、代執行の行政措置が行われます。

代執行が行われると作業員の賃金、請負人に対する報酬、資材費、第三者に支払うべき補償料も含め多額の金額が請求されてしまいます。

 

次回は空き家の発生原因と

対策についてご紹介します。

 

 


 

 

毎日の献立を考えるのは大変・・・。

そんな奥様方を、住宅アドバイザー粟野がお助けします!

今回は「さんま」を使った、簡単に出来るメニューをご紹介します。

 

 

 

さんまのルーラード

□材料(1人前)

・生さんま 【1尾】

・にんにくチューブ 【少々】

・バジルの葉 【5枚】

・ドライトマト(みじん切り) 【大さじ2】

・ベーコン 【2枚】

・パセリ(みじん切り) 【少々】

・パン粉 【お好み】

・トマトジュース 【100cc】

・オリーブオイル 【大さじ2】

・塩コショウ 【少々】

 

 

①材料はこれだけ!

 

 

 

 

 

②さんまを開いて、身ににんにくを塗ります。

 

 

 

 

③ベーコン、バジルの葉、ドライトマトを乗せ、しっかりと巻きます。

 

 

 

④竹串で固定し、パセリとパン粉を乗せたら、アルミホイルで軽く包んでIHグリルへ。(約12分)

 

 

 

 

⑤トマトソースを作ります。トマトジュースを煮詰め、とろみが出てきたらオリーブオイルと塩コショウで味を調えます。

 

 

 

 

⑥焼き上がったらお皿にソースと色合いにバジルの葉を添えて完成!!

 

 

 

 

~作ってみて~

今回IHグリルを使用しましたが、オーブンでも作れます!さんまが美味しい季節と言っても、塩焼きはそろそろ飽きてきた・・・。そんな時はこれで決まり!おしゃれで美味しくて簡単に作れるのでオススメです!

 


 

“食欲の秋”という事で、思い出に残っている『おふくろの味』を聞いてみました!

 

 

リフォームアドバイザー 髙橋 翔

 

母はいつもきんぴらごぼうを作ってくれて、夕食や運動会や学習発表会のお弁当にも必ず入っていました。その当時は、何も考えずに食べていましたが、きんぴらごぼうを食べた時、学生時代の楽しかった事など、たくさんの思い出がよみがえります。そして、お弁当の日は、早起きをして作ってくれた母に今、とても感謝しています。

 

 

設計 小野寺 久美子

 

我が家のお袋の味と言えば・・・カレーです!ゴロゴロ野菜とトロツヤなカレーが我が家の定番でした。母が夜勤の時によく登場していたこのカレーは、時々ふと思い出す、懐かしい優しい味です。忙しい時でも食事の支度をしてくれていた母に感謝です!

 

 

工務監督 新田 祐晟

 

私のお袋の味は厚焼き玉子です。母の作る厚焼き玉子は砂糖が入った甘い味付けです。幼い頃からお弁当の中に入っていたので、これがないと物足りなく感じてしまいます。私も料理はするのですが、味や焼き加減が思うように再現出来ません。自分でも同じ厚焼き玉子を作れるようになるのが最終目標です。

 

 

営業アシスタント 佐々木 理那

 

お袋の味は?と聞かれて思い浮かべるのは、母のにぎってくれた『おにぎり』です。私が小さい頃から、遠くへ出掛ける時は必ずおにぎりをにぎって持っていくのが恒例でした。盛岡の動物公園に行く時も、秋田へ花火を観に行く時も、思い出の隣にはそのおにぎりがありました。中身は梅干し、鮭など、塩をまぶして、のりで全体を包んだおにぎりです。同じ材料で自分でにぎったおにぎりとは何かが違います。小さい頃は何が違うのか分かりませんでしたが、今はその美味しさの秘密が分かったような気がします。

 

 

展示場アシスタント 渡辺 美寿々

 

母の味を感じるのは『芋煮』です!この時期になると、母がご近所の方から里芋を頂いてきます。その里芋で作る芋煮が絶品です。秋を感じる料理、そして同じように作ってもなぜか同じ味には作れません。私の秋の楽しみの一つで、母の味を感じる料理です。

 

 

工務監督 佐藤 嘉信

 

やっぱりオムライスです。定番かもしれませんが、子供の頃に母が誕生日や土曜日のお昼によく作ってくれました。嬉しい思い出の記憶が多い料理です。最近では食べる機会はなくなりましたが、好きな食べ物の1つになっています。

 

 


 

pageTop