2018年12月13日

【情報誌】まるっとくんだよりvol.18

 

【情報誌】まるっとくんだよりvol.18 PDF版はこちらからご覧いただけます。

 

 

私は自分の人生を賭ける就職(会社選び)に対して、あまりにも安易な考えだったことに後悔した。やりたい仕事、職種だけで決めてしまった・・・高校卒業の時はその会社の将来性や会社や社長の考え方を重視して決めたはずだったが、いつの間にか仕事の内容や条件を重視していた自分に落胆しました。前職では、売上げや利益など、お金に関しての考え方は厳しかったが、この会社は、まったく逆であった。3000万円ほどの売上げの中から気分ひとつで“アッ”という間に500万円を値引きする社長の姿を直に目の前にした時、私は“この先、会社は良くならない”と、思うようになったのでした。あの時「ナァ~菅原君、ウチの会社は時間の問題だな!?」と先輩に言われた時、「大丈夫!俺が来たからには~大丈夫です!!」などと、生意気に啖呵を切った自分が恥かしく思うのでした。その後も社長は仕事さえ取れれば良い、という考え方で進む。そして、ついに、その年の9月末、入社して1年8ヶ月で会社は倒産しました。社長は姿を消し、大きなトラックで社内の物を引きあげる業者、暴力団の怒鳴り散らす姿、協力業者達などに頭を下げっぱなしの専務、これらを目のあたりにした時、子供の頃、家に借金取りが来て、母が土間に額を付けて親父の代わりに泣きながら謝っている姿を柱の陰から見た光景を思い出し、両手をジャンパーのポケットに入れて、トボトボと歩いて自分のアパートに帰り、ボーナスは愚か、2ヶ月以上も給料を頂いていない自分の明日からの生き方に不安を抱きながら、一人インスタントラーメンをすすったことを想い出します。

続く

 

平成三十年最後のコラムとなりました。ご愛読頂きまして、ありがとう御座います。来る新年も皆様ご家族一同様のご多幸を心からご祈念申し上げます。

代表取締役社長 菅原 智美

 

 


 

 

今回はサンハウスの副社長・工藤司(くどう つかさ)を紹介させて頂きます!

 

 

小林:ご出身はどこですか?

工藤:福岡県福岡市出身です!とは言え東北生活が長いので

   気持ちは東北人です♪

小林:福岡から岩手!(遠い、、、泣) 趣味は何ですか?

工藤:美味しいものを食べる為に旅行に行くことと料理です!

   作る料理に合った食器集めも好きです♪

小林:私も食べるの大好きです!最近はどこへ行きましたか?

工藤:屋久島に行きました!往復11時間歩いて

   縄文杉に会って来ました!

小林:アグレッシブですね!

   それでは最後に情報誌をご覧の皆様に一言!

工藤:お客様に喜んで頂けて、その声や笑顔に直に

   触れることの出来るこの仕事に魅力を感じています。

   今後とも宜しくお願いします!

 

 

大事なご家族の、とらじろうくん(12歳)、チャムちゃん(12歳)です!2匹とは、なんと五所川原で出会い、今ではすっかり岩手県民。ご主人様と一緒に可愛がっているそうです♪人間の歳で64歳の2匹に今年は“ネコ用コタツ”をプレゼントしたそう笑

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

11月20日(火)に第4回目のカルチャー教室を開催致しました!

『クリスマス』と、話題の『ハーバリウム』のコラボで、なんと告知後すぐに定員に!

その後も多方面よりたくさんのお問合せを頂きました・・・。今回参加できなかった皆様、本当に申し訳ございません(><)

今後も様々なジャンルのカルチャー教室を開催していきますので、乞うご期待!!

 

 

 

 

~参加者U様のご感想~

分かりやすく教えて頂き、とても楽しかったです!

ショールームもとても綺麗で対応もすごく良い!

美味しいスイーツありがとうございました♪

 


 

次回のカルチャー教室は

来年2月に開催予定です!

 

 

 


 

 

今回は住宅アドバイザー小形が新築工事をされたお客様に訪問し、家づくりの貴重なお話をお伺いしました!

 

 

 

~今回のお客様~

金ケ崎町 K様

お引渡し:平成30年6月

 

 

【小形】マイホームを建てようと思ったきっかけは何ですか?

【ご主人様】子供の成長を考えた時にマイホームはいずれ欲しいと思っていました。その時に、同じ職場の方からサンハウスさんに相談をしてみたら、とアドバイスをもらい、サンハウスさんに行ったのがきっかけです。

【奥様】両親が遠くに住んでおり、母のみで来る際は電車で娘に会いに来てくれていました。以前住んでいた場所は駅から遠く、母が駅から気軽に来られるようにと考えたのもきっかけでした。

 

 

【小形】サンハウスを気に入って頂けたポイントはどこでしたか?

【ご主人様】初めに対応して頂いた小越さんや、スタッフの皆さんがとても親切だった事です。

【奥様】やっぱり担当した小形さんです。人柄に惹かれ、この人になら頼んでいいと思いました。

【小形】ありがとうございます!!

スタッフもご家族様に会えるのを楽しみにしておりました。

 

【小形】家づくりで印象に残っている事や楽しかった事は何ですか?

【ご主人様】一日掛けて決めた建物の色柄打合せが楽しかったです。工事が始まってからは日々家が完成していくのを仕事終わりに見に行っていました。

【奥様】私も色柄打合せです。大変でしたが、建物の全てが決まった時は達成感があり、楽しかったです。営業課長の小林さんのハッキリと言ってくれるアドバイスが印象的でした。一番印象に残っているのは、地鎮祭のあの場面!緊張していたからか、小形さんが間違って主人の名前に『ちゃん』を付けて呼んでいた時です(笑)

【小形】あの時は申し訳ございませんでした…。全く気付かず、後で知りました…(汗)

 

【小形】マイホームを建てる際にこだわったポイントはどこでしたか?また、住み心地はいかがですか?

【ご主人様】こだわったのは寝室の広さとウォークインクローゼット、浴室の手摺と壁の色ですね。実際に生活をしてみて、快適です!

【奥様】まず、駅に近い場所で考えました。2階のトイレは生活をすると便利で良かったです。キッチンの後ろ側に食器棚以外に収納を付けた事も正解でした。屋根の形もお気に入りです。

 

 

 

今回は、私が初めて担当させて頂いたお客様にインタビューをしてきました。緊張の連続で、不慣れな為に多々ご迷惑をお掛けしたと思います。しかし、いつも温かいお言葉を掛けて頂き、とても励みになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、上棟式にてご家族様のご好意で一緒に撮った写真に、奥様とお子様が作ってくれたサプライズのお手紙です。一緒に頂いたネクタイも大切に使わせて頂いております。ありがとうございます!今後共、末永くよろしくお願い致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

住宅アドバイザー 小林 謙太

小学校低学年の頃でしょうか。その年のクリスマスプレゼントにリクエストしたのは、いわゆる戦隊モノの車が何台か合体して出来るロボットでした。両親は例のごとくクリスマスイブの夜にそっと枕元に置こうと隠してくれていたようですが、何と私がそれを日中に発見してしまい、ビックリするぐらい怒られました。私も親になり、今度は自分が娘にサプライズを仕掛ける番です。見つからずに何年サンタさんでいられるか楽しみです。笑

 

 

 

リフォームアドバイザー 小越 亮

私の思い出のクリスマスプレゼントは、ほぼ半世紀前の3歳の頃にサンタさんからもらった『鋼鉄ジーク』の超合金のおもちゃです。今になって思い返せば、なんであんなに夢中になっていたのか、また、どうやって遊んでいたのかも分からないですが、小学生の頃まで持っていた大好きだったおもちゃです。

 

 

 

ショールームアシスタント 宮 美沙

主人へ渡すクリスマスプレゼントはお互いに金額を設定しています。昨年は4,000円以内と2人で決め、スノーボードをする主人へネックウォーマーを、私はセーターともふもふの靴下を買ってもらいました。設定金額以内の物で何を買ったら喜ぶかな~、と考えながら選ぶ事が楽しいです。ちなみに、今年も4,000円の予定です。

 

 

 

営業アシスタント 高橋 優美

長男が4歳のクリスマス。朝起きてきた長男が玄関にあるプレゼントを見て、「お母さん、サンタさん来たよ!」と大はしゃぎ。「でも、どこから来たの?」という長男に、「うちにはね煙突がないから、サンタさんが困らないようにお母さんが玄関を開けといたのよ」と言うと「そっか、うちには煙突ないもんね。お母さんありがとう!」と言われ、作戦成功。それを2年続けましたが、さて今年はどうしようかな。だんだん分かってくる年頃ですが、なるべく信じていて欲しいですね。ちなみに、枕元に置かない理由は、寝相が悪く、プレゼントにぶつかってしまうからです。

 

 

 

工務監督 瀧野 初

妻へ渡したクリスマスプレゼントですが、『ドクターマーチンの靴』です。当時、私はドクターマーチンという靴にハマっており、どうしてもお揃いの靴を履きたいと思いプレゼントしました。毎回、買い物に一緒に連れて行って、足のサイズを把握したり、段取りしておりましたが、ただ、早く一緒に履きたい気持ちを抑えきれず、クリスマス前に渡してしまった、、、というお話です。

 

 

 

工務監督 菅野 隆博

小学生の頃ゲームが欲しいとお願いしました。早くゲームをやりたいと、はやる気持ちを必死に抑え、眠りにつきました。目が覚め少年の目の前にはプレゼントが、、、!急いで開けると『漫画でわかる歴史』などの参考書セットが置いてあったのを覚えています。

 

 

 


 

pageTop