2019年3月17日

【情報誌】まるっとくんだよりvol.21

 

【情報誌】まるっとくんだよりvol.21 PDF版はこちらからご覧いただけます。

 

 

 

 

しかし、松永さんのように皆々そのように協力してくれる人ばかりではありません。寿工芸倒産で売掛金や手形不渡りのお金を回収できない、言わば引っ掛かった債権者のところに、取引きをお願いに行き「どこの馬の骨か判らん若僧とは取引きはできない!!現金持って代引きなら売ってやる!!」と強い口調で言われるたびに松永さんは私を励まし、「大丈夫、大丈夫、別の所を紹介してあげる!!」と、どんな時でもポジティブでした。彼は熱帯魚が趣味で、私のところにエンゼルフィッシュを数十匹持って来て、落ち込んだ時は菅原さん癒されるから・・・と私を気遣ってくれました。人はタイプというものがあるようですが、私はどうも落ち込むたびに人の愛情に恵まれるタイプの人間のような気がします。平富ショールームの工事も終え、次の工事に巡り会えず苦しんでいるところ、私が水沢に来て、最初に面接に行った㈱タシロから、木工什器製作依頼がありました。あとで知ったのですが、これも松永さんのお得意先で、私のことを頼んでくれたお陰でした。私たちは三人ですが、職人として通用するのは坂井さん一人だけ。私と前田君は素人なので、技術を要する物は坂井さんしか出来ないので、簡単な物が多かったが、簡単な物はお金になりません。従って、数でカバーです。毎日夜0時、1時まで頑張りました。そして、半年が過ぎたある日、鈴木部長からの電話で、喫茶店で会いました。私はとうとう会社設立の時が来た!と思い、心を躍らせて行きました。坂井さんと前田君には、二人が会社を作ってくれるまでは、この給料(会社の時の半分)で我慢してくれ!!と頼み込んで、やっと来た。ようやくその日が来る、と思うと、心がワクワクして来るのでした。

続く

代表取締役 菅原 智美

 

 


 

 

いつもサンハウスを支えて下さる、多くの職人さんをご紹介します。

第4回目は大工の旭工務店さんです。

 

 

はじめまして!

旭工務店の

菊池 旭洋(きくち あきひろ)です。

 

 

 

 

 

生年月日 昭和27年3月5日 67歳

住まい  奥州市江刺

干支   辰年

血液型  O型

好きな食べ物 本マグロの刺身と前沢牛が大好きです。

趣味   ゴルフとカラオケ(小林旭が得意です。)

生きがい  孫の成長が何よりの楽しみです。

 

 

私の父も祖父も大工を家業としておりましたので、私も学校を卒業後は当然のように大工の道に進みました。

この仕事の魅力は、図面だったものが工程が進むにつれ、立体的になっていく様子を毎日目で見て、肌で感じられる所ですね。今と違って昔はクレーンなどなかったので、柱1本建てるにしても人力でした。その為、体力作りの一環で若い頃から相撲をやるようになり、大会などにも出ました。今は専ら見るのが楽しみです。

この道45年の経験ではありますが、初心を忘れず、毎日、良い建物を建てたい!お客様に喜んで貰いたい!この一心で仕事に取り組んでおります。

 

 


 

知らなかった!では済まされない『空き家』の話 Part3

 

空き家の活用方法!~売却~

ご自身で住む予定がない場合は、他の人に住んでもらうことを考えましょう。空き家期間を短くする事で、売却や賃貸の取引を高い金額で市場流通に乗せられることもあります。今回は「売却」について考えてみますが、物件によって様々な方法が考えられます。

 

①現状のまま売却

この方法が一番、持ち出し費用が掛からない方法です。しかし、低い価格でしか売却出来なかったり、売却まで時間が掛かったりするケースが見られます。売却依頼先としては不動産店や工務店、最近では不動産買取専門業者、不動産再販業者などがあります。また、各市町村でも空き家対策の一環として「空き家バンク」の利用を推進しております。

 

②解体して売却

建物が古い場合は建物、並びに塀や植栽など全てを撤去、解体し、更地にして売却する方法があります。雑然とした感じがなくなり、敷地自体がスッキリと綺麗に見え、周囲から注目される事により早期に売却出来るケースもあります。しかし、先に解体、整地の費用が負担となります。売却依頼先としては不動産店、工務店などが考えられます。

 

③補修して売却

給湯器の交換、壁紙の貼替など、ある程度、補修して売却する方法は、費用は掛かりますが、売却までの時間が短期間で済むケースが多いように感じられます。しかし、解体して売却するケースと同じで、掛けた費用を売却が完了するまで自己資金かローンで捻出しなければなりません。売却依頼先としては不動産店が考えられます。

 

次回予告

次回は空き家の活用方法2つ目「賃貸」についてご紹介します。

 

 


 

 

 

やっと暖かくなってきて、ぽっかぽか陽気でテンションが上がり、お腹のまん丸度も増したリフォームアドバイザーの小越です!!

今回は春に向けてのオススメの点検の方法をご紹介!

それは寒~い冬の間も家を守ってくれた外壁についてです。

 

 

 

 

どんな事かというと・・・??

 

サイディングの塗装表面の点検

●塗装表面にチョーキング(白い粉が出る)、剥離や亀裂がないか、また落ちなくなった汚れ、カビ、藻類がないか点検してください。

 

サイディング本体の点検

●サイディングに亀裂、反り、うねりが発生していないか、割れや欠けなどの欠損がないか、点検してください。

 

シーリングの点検

●シーリングのやせ、剥離、亀裂などが発生していないか点検してください

 

その他部位の点検

●金属性の部材が錆びたり、塗膜の劣化がないか点検してください。

●釘(ビス)の浮きがないか点検してください。

●土台部、屋根下部、入隅部、ベランダなどで落雪や雪が積もったり、吹き溜まりが出来る部位ではサイディングが劣化する恐れがありますので、

 

 

では、実際にお手入れする方法は・・・??

 

●鳥の糞や砂ぼこり、藻、カビなどの汚れを落とす場合には、布や柔らかいスポンジ等を利用して軽く水洗いしてください。

その際は塗装面を傷付けないように十分ご注意ください。水洗いで落ちない場合、薄めた中性洗剤を柔らかい布等に付けて洗浄し、水道水で洗い流してください。

 

≪注意事項≫

・塗膜面を傷める恐れがありますので、下記の使用は避けてください。

 ①シンナー等の洗剤

 ②金属タワシ等の硬いブラシ

 ③高圧水による洗浄やスチーム洗浄

・水洗いする際の散水は、必ず外壁に対して下向きに行ってください。

 上向きに散水すると、接合部より漏水する恐れがあります。

 

●藻・カビについて

藻・カビは性質が異なり発生条件も違いますが、双方とも環境条件が整えば建物の外壁に限らずどこでも発生します。藻・カビを除去することはできますが、効果がいつまでも続くものではありませんので、再発する可能性があります。継続的に除去した状態を保つには、こまめにお手入れして頂くことが必要になります。小さな隙間に入り込んでいる場合などでは、除去できない場合もあります。

 

特に雪の時期が終わった後は、積雪や落雪の影響での劣化、それから換気扇周りでの凍害(写真参照)なども起きているかもしれませんので、よーーくチェックしてみましょう!

 

 

写真のように換気扇周りや雪の溜まる場所などに起きやすいです!!

 

 

 

 

換気扇の排気フードにある防虫ネット(網状の物)なども目詰まりすると凍害の要因になりますので、一緒にチェックしましょう!!

 

 

 

※注意※

高所作業を伴う点検やお手入れは危険ですので、業者に依頼しましょう!!

 

 


 

 

青春時代を部活動に捧げた熱き日々。血と汗と涙をにじませながら、必死に活動したエピソード集です!

 

 

菅野隆博です!

テニス部に所属していました!

 

中学時代、『テニスの王子様』という漫画が流行っており、友人に誘われるがまま入部しました。先輩方も漫画の影響を受けた人が多く、いつも出来もしない必殺技の練習ばかり・・・(笑)結局大会では1勝も出来ませんでしたが、部活を通して仲間を思いやる大切さを学びました。

 

 

 

小越亮です!

バスケットボール部に所属していました!

入部のきっかけは、中学入学当時、身長が130cmもなく、「おっきくなりたい!」との思いから選んだ部活です。かれこれ30

年以上前の事なので今では考えられない、うさぎ跳びでグラウンド1周や炎天下での8kmランニング(水飲み厳禁!)のようなスパルタ特訓が日常的に行われていた時代でした。卒業する頃には約30cm身長も伸びて目標だった160cmを達成する事が出来ました!

 

 

 

宮美沙です!

卓球部に所属していました!

高校のある大会。ダブルスで何度も何度も同じミスをしてしまい、相方に迷惑をかけていました。すると突然、「いい加減にせいいっ!」とビンタされました。そこから何かが吹っ切れたのか、ミスがなくなり、勝利!顧問や監督よりも恐かった相方・・・(笑)この相方がいなければ東北大会に出る事も卓球の楽しさを知る事もなかったと思います。

 

 

 

髙橋翔です!

野球部に所属していました!

小学3年から始め、大学まで続けていました。きっかけは父が晩酌をする時にいつも見ていたのがジャイアンツの試合中継だった事が大きかったような気がします。特に思い出に残っているのは、小学生の頃、父から受けた『千本ノック』です。熱い指導でしたが、父からのエールだったのだと感謝しています。

 

 

 

佐々木理那です!

ワープロ部に所属していました!

中学3年の1日体験入学で部活動を見学し、先輩方のブラインドタッチの凄さ・速さに一目惚れして入部しました。朝練習や他県での練習試合もあり、運動部並みにハードな毎日でした。入部当初はキーボードを見てばかりいて、よく顧問の先生に注意されていましたが、憧れだったブラインドタッチも出来るようになり、入力スピードはもちろん、正確な入力、集中力を身に付ける事が出来ました。

 

 

 

渡辺美寿々です!

バレーボール部に所属していました!

中学時代、夏の暑い時にも校舎の周りを走る事があり、とてもとても苦しかったです。その時は、「みんなも頑張っているから!!」と自分を奮い立たせました。仲間と目標に向かう事で、自分も頑張れる事を学んだような気がします。

 

 


 

 

pageTop